LINK
よくクレジットカードの月ごとの限度額がユーザーが普段払う額より高めに設定されていると人間は心配ないと誤解して無駄にクレカを使ってしまったりするものです。こうしたカード使用の危険を避けるようにクレカの上限を前もって少なくコントロールしておこうという提案が、これから提案する記事のメインとなる考え方です。カードの限度額の引き下げ方〇カードの月の利用限度額を下げておく方法は月ごとの限度額の引き上げ方法といっしょで、本当にスムーズです。利用カードの裏面に案内のある番号にダイヤルして、「月の利用限度額を減らしてもらいたいです」ということをセンターの人に伝えるだけ。普通ならば現在のカードの限度額に対して低いのであれば、込み入った査定なしでそのまま変更ができます。月の限度額をコントロールしておくのは危険を避けることへと結びつく◆クレカの利用限度額をセーブしておくことは、自制というメリットのみならず防犯対策にも関係してきます。あなたのクレカが紛失等により偽造されるとしても、日頃から持っているカードの月の利用限度額を低めに決めているなら実害を最小限にすることが可能だからです。心配する必要はないけれどもし仮にクレジットカードが勝手に使用されたことがあった場合でもカード保有者に詐欺に加担するようなことと思えるものがなければ盗難保険として知られるものがサポートしてくれるから不安を感じることはないですが、万が一のことを想定して、必要のない利用限度額はセーブしておくのも良い方法だと思います。使い切らない限度額はデメリットにすぎません。