ローンキャッシングを受けるようにするには、キャッシングサービスを利用しようとしている会社の審査を受けて、各カード会社の審査基準に通過する必要があるのです。82-9-26

審査の手続きの中で申込者のどういうデータが調査される事になるのでしょう。82-10-26

融資をするかの、審査基準はどこにあると思いますか。82-7-26

キャッシングサービスをする金融会社側は、融資を受けようとしている申込み本人の信用度を基に判断します。82-13-26

診断されるひとつひとつの事項は、「属性」ということがあります。82-4-26

自分自身のことや両親のこと、仕事の情報、居住年数などを判断します。82-17-26

属性は数百項目あるため、もちろん重視されるチェック項目と重く見ないチェック項目というのがあります。82-3-26

とりわけ優先される「属性」と呼ばれるものには、あなたの歳や融資を受けようとしている人の職種、居住年数など、その人の所得の基準を調査できるものが存在するのです。82-18-26

所得レベルが調査でき、なお、実証が得られるものは、特に重要視される「属性」って呼ぶことができると思います。82-16-26

その重要視されている属性の中で「年齢」に関して、ローン会社は基本的に、主要なターゲットの年齢を20才代から30歳代を狙っていますが、その中でも独身者の方を優先しているはずです。82-5-26

実社会においては家庭を持っていない人よりも家庭を持っている人の方が信用性があるはずですが、キャッシング会社としては、家庭を持っている人より好き勝手に使えるお金があると考えるため、家族を持っていない人を入籍している人よりもキャッシングが受けやすいということがあるそうです。

さらに、歳は取れば取るほど審査の通過には難しくなってしまうはずです。

ローン会社のほうで、ある程度の年齢なのに貯蓄などが少なくともないのは何か怪しいと考えられてしまうようです。

家のローンを支払っている状況などありうるので、契約の許可を認めるかどうかの審査にはかなり慎重になりがちなのです。